読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIG

赴くままに技術を。

生誕100年!植田正治のつくりかた

写真展

上野駅の改札前で前から気になっていたポスター。 「子狐登場」と題される白黒写真。 砂漠のようなところで、狐のお面をかぶった男児がはねているシーンが印象的だ。

f:id:hermesian:20131124224240j:plain

なんだか不安をかき立てられるこの写真見たさに予定はしていなかったが、東京ステーションギャラリーに足を運んでみた。 無機質な砂丘で、無機質なお面をかぶった唯一有機的な子供。こういう非日常間がたまらなく好きである。

1月半ばまで開催されているみたい。 来週の 写真する幸せ ~植田正治・UEDA-CHOの秘密~|NHK 日曜美術館 も楽しみ。

広告を非表示にする